あたご保育園

〒890-0005 鹿児島県鹿児島市下伊敷一丁目32-1
099-220-4985
保育園イメージ

本文

保育園の特色

・地域の学校との交流…鹿児島女子高等学校や伊敷台中学校・伊敷中学校の生徒さんとの交流会や職場体験

・お話の会…専任講師によるわらべうた遊び、絵本の読み聞かせ、人形劇、ブラックシアター、音楽コンサート、ECC(英語)

・体育専任講師による運動遊び…水泳教室、体操教室(組体操・なわとび・とびばこなど)

・絵本大好き…週に1回絵本の貸し出しを行っています。

・ふれあい広場…地域のお友だちと園庭開放や一緒に触れ合って遊んだり、作って遊ぶ事を楽しんでいます。身体測定も行っています。

・育児講座…地域の親子、園児の親子ふれあいを目的とし、色々な活動を楽しんでいます。(クッキング等)

・老人福祉施設訪問…おじいちゃん、おばあちゃんと触れ合ったり施設訪問して出し物を披露し、優しい気持ちを育てます。

新着情報

園長

園長からひとこと

鹿児島もすっかり秋めいてきましたね。9月の運動会ではたくさんの応援をありがとうございました。子ども達は運動会を体いっぱい心いっぱい楽しんだようです。年長児のまつ組さんが、自分たちの競技のみならず、お父さん、お母さんの綱引きを声を枯らして応援する姿もかわいかったですね。一生懸命走ったり、チームの仲間を応援したり、覚えた遊戯を上手に踊ったり、様々な経験をすることができた運動会でした。運動会で得た仲間意識や最後まで頑張った達成感を大切にしながら、残る保育園生活を楽しんで過ごしてもらいたいと思います。

今月からは来年度の保育園入所申し込みも始まります。ぜひ、あたご保育園の元気な子ども達の様子を見にいらしてください。職員、園児一同お待ちしています。

保育士

職員からひとこと

保育園周辺の山々も赤や黄色へと色づき、秋の紅葉となりました。

子ども達は相も変わらす虫探しに大忙しの毎日ですが、あたご保育園名物のドングリが実りを見せました。まだまだ小さな赤ちゃんどんぐりですが、子供たちにとっては秋だけの大切な宝物。にっこり顔はもちろんのこと、泣き虫顔も怒りんぼ顔もどんぐりを手に取るだけでみるみる笑顔に。魔法の宝物です。これから合奏やごっこ遊び、お遊戯と保育室が芸術の秋ならではの賑やかさになります。日頃の子供たちの姿からどんな発表会へと繋がっていくのでしょうか?子供たちのいろいろな表情、やってみたい気持ちを引き出せるよう、一緒に保育を楽しんでいきたいと思います。

ページのトップへ戻る

目次