あたご保育園

〒890-0005 鹿児島県鹿児島市下伊敷一丁目32-1
099-220-4985
保育園イメージ

本文

保育園の特色

・地域の学校との交流…鹿児島女子高等学校や伊敷台中学校・伊敷中学校の生徒さんとの交流会や職場体験

・お話の会…専任講師によるわらべうた遊び、絵本の読み聞かせ、人形劇、ブラックシアター、音楽コンサート、ECC(英語)

・体育専任講師による運動遊び…水泳教室、体操教室(組体操・なわとび・とびばこなど)

・絵本大好き…週に1回絵本の貸し出しを行っています。

・ふれあい広場…地域のお友だちと園庭開放や一緒に触れ合って遊んだり、作って遊ぶ事を楽しんでいます。身体測定も行っています。

・育児講座…地域の親子、園児の親子ふれあいを目的とし、色々な活動を楽しんでいます。(クッキング等)

・老人福祉施設訪問…おじいちゃん、おばあちゃんと触れ合ったり施設訪問して出し物を披露し、優しい気持ちを育てます。

新着情報

園長

園長からひとこと

寒い日々が続き、その寒さにも子ども達は負けず、元気にお外へ飛び出しては「はぁ~」として「ほら見て見て!白いものが出てるよ」と吐く白い息に大喜び♪数人集まっては、吐く息合戦が始まります。とってもかわいい光景です。

時はめぐり、その厳しい寒さにも、ほんのり柔らかさを感じ、木々の芽もふくらみ春の足音が感じられるようになりました。いよいよ年長組16名が巣立ちの頃となります。立派に育った子ども達を感慨深く眺めながら、一人ひとりの足跡を振り返ります。

地域の可愛らしいお友だち、お母さん方も毎月の遊びにいらして下さり、ありがとうございます。これからも、楽しい遊びを準備してお待ちしています。

保育園の保護者の皆様方。地域のたくさんの皆様方。あたご保育園をいつもかわいがってくださり、大変ありがたく存じます。

これからも、職員一同『いつも子どもが主役』の園作りと保護者支援に努めてまいります。

保育士

職員からひとこと

肌を刺すような北風が、桜の蕾を温める春風に変わり、いつの間にか今年度の終わりの時期を迎えています。子供たちはこの一年、四季折々の行事に触れながら、様々な体験をし、身体をたくさん動かして、心も身体も大きく成長しました。

今年度、3回目の育児休暇から復帰し、4歳児クラスの担任をさせて頂きました。私がいない間の1年間で、「え?こんな事出来るようになったの?」と、子ども達がとてもお兄さん、お姉さんになっていて、驚いたのを覚えています。この時期の子供の発達、吸収力はとても素晴らしいものです。そんな子供たちを見ながら、「こんな事もやってみたいな」と、日々の保育を考えるのが楽しい毎日でした。

4月からは、どの子たちも、一つずつ進級していきます。子供たちの「やってみよう」「出来た」という思いに寄り添いながら…家庭のように暖かくて、居心地のいい環境を作りながら…今後も子供たちの傍で、成長を見守っていければと思います。

ページのトップへ戻る

目次