なぎさ保育園

〒890-0067 鹿児島県鹿児島市真砂本町25-13
099-253-9592
保育園イメージ

本文

保育園の特色

近隣には学校、保育園、幼稚園が集まる文教区でいろいろな施設や官公庁が集中し教育的環境に恵まれています。園の前には鴨池小・中学校があり朝夕のあいさつや声かけ、中学校との交流を通して津波訓練の協力をもらったりお年寄りとのふれあいをもつなど地域に密着した保育園です。そして、ほのぼのとした家庭的な雰囲気の中で異年齢保育を通して兄弟関係が生まれひとり一人を大切に個性を伸ばし、保護者と職員が一体となり子どもたちの育ちを支援していきます。

新着情報

園長

園長からひとこと

暑さも今からです。子供たちの流行はそうめん流しごっこです。緑の遮光ネットの下、筒を横に並べると、小さなボールをそうめんに見立ててコロコロ転がるのを楽しんでいます。一見、簡単そうに見えますが、スムーズに流すために、ああでもない、こうでもないと、筒の角度や向きを調整しながら組み立てています。子ども同士話し合いながら、創意工夫を重ねています。ボールが転がると、満足気に楽しんでいます。4月に保育指針が改正されました。0.1.2歳児の保育の充実と質の向上、それから、幼稚園と保育園が幼児教育に関する記載がほぼ共通化され、小学校へのスムーズな接続も目的の一つです。職員で子供一人ひとりの育ちについて話し合いながら、共通理解の下、小学校に向けて育ってほしい姿を意識して保育していきたいと思います。

これから、夏祭りやプール遊び、親子クッキングなど、楽しい夏の行事を計画しています。どうぞ、保護者の方もお子さんも体調管理には十分気をつけられてください。

主任調理員

職員からひとこと

梅雨と夏の合間の天気や気候の変化が大きい季節となりました。子ども達は季節の変わりの変化を感じながら、晴れた日には思いっきり園庭で遊ぶ姿が見られます。5月には JAの方が来られて土作りから教えていただきました。その甲斐あって 夏野菜やさつま芋の苗も大きく成長し、子供たちも収穫を楽しみにしています。

また、今年度も事業協会全体で衛生研修が行われました。食中毒は、一年中発生しています。手洗いの大切さなども含めて 子ども達にも食育指導をしていきたいと思います。ご家庭でも 1、付けない⇒手洗い 2、増やさない⇒冷蔵 3、やっつける⇒加熱 が食中毒予防の三原則です。子ども達に「安全・おいしい」給食提供できるように職員と連携をとり心がけていきたいと思います。また、これからが夏本番です。冷たいもの、甘いものの取り過ぎには注意して 元気で夏をのりきりましょう。

ページのトップへ戻る

目次