西紫原保育園

〒890-0082 鹿児島県鹿児島市紫原四丁目37-2
099-257-1084
保育園イメージ

本文

保育園の特色

「家庭的な雰囲気の中で、いろいろな体験・活動が盛りだくさん!」

家庭的な雰囲気の中で、みんな兄弟・姉妹のように過ごし、子どもながらに自然と社会性を身につけています。いろいろな体験や活動を元に、お互いを認めながら、のびのびと過ごしています。

園庭の花壇やプランターで、土作りから始め、季節ごとに旬の花や野菜を植え育てて、収穫まで体験します。そして、収穫したものがおいしい給食に大変身。「自然」を満喫し、元気の素となる「食」体験も目白押しです。

隣に「児童発達支援わかば園」「西紫原福祉館」があり、地域の方々との交流も盛んです。地域の方から、お茶会(茶道)や生け花、土づくりを教えていただいたり、焼き芋大会やもちつきなどの伝承活動を一緒に行うなど、地域ぐるみの子育て応援です。

新着情報

園長 園長

園長からひとこと

園庭の彼岸花がきれいに咲き誇りその間を吹き抜ける風の心地よさに秋の深まりを感じています。さて、9月に予定しておりました運動会は新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置適用期間の為、10月に延期いたしました。子ども達は、運動会に向けて日々練習を楽しむ姿が見られます。そして延長された期間は「また練習頑張る!!」と張り切っています。様々な変化にも柔軟に対応する子ども達の力に、大人の方が勇気をもらいますね。10月秋晴れの下で運動会を実施し、キラキラと輝く子ども達の元気な笑顔がたくさん見れますよう職員一同創意工夫してまいります。

最近、秋のトリプル寒暖差(①最低気温と最高気温の差②前日との気温差③室内外の寒暖差)で体調不良になる方が増えているそうです。例年と違い新型コロナウイルス対策として室内の換気が多く行われるため、そこで発生する寒暖差にも注意が必要です。上着で調節したり、ゆっくり温かいお風呂につかることが予防になります。季節の変わり目で体調管理が難しいですが規則正しい生活を心掛け、実りある秋にしましょう。

保育士4歳児担当
保育士

職員からひとこと

朝夕涼しい風が吹いて、秋の訪れを感じる季節となりました。春に子どもたちと一緒に植えた園庭の「さつま芋」が元気に生長し、絵本の「さつまのおいも」に出てくるような立派な葉をつけ、土の中ではおいしそうなお芋が育ち子どもたちと一緒にお芋掘りをする日を楽しみにしています☆食欲の秋を感じながら、採れたお芋で「クッキング」や「お芋スタンプ」など楽しみたいと思います。最近は、運動会の練習を通して友達と一緒にバルーンの遊戯やかけっこをしたり、リレーでは自分と同じチームを応援し、勝ったらガッツポーズして喜んだり、悔しがったりする姿が見られる4歳児クラスの子どもたちです。みんなで同じ目標に向かいながら真剣に練習に取り組み、色々なことが自信となって子どもたちの表情に表れ、私も嬉しくなりました。当日は一人ひとりが楽しみながら、練習したことを発揮できるようにしていきたいと思います。これからも感染症対策に努めながら、安心して過ごせる環境を作っていきたいと思います。そして、たくさんの「秋」を感じながら子どもたちと一緒に楽しく過ごしていきたいと思います。

ページのトップへ戻る

目次