西紫原保育園

〒890-0082 鹿児島県鹿児島市紫原四丁目37-2
099-257-1084
保育園イメージ

本文

保育園の特色

「家庭的な雰囲気の中で、いろいろな体験・活動が盛りだくさん!」

家庭的な雰囲気の中で、みんな兄弟・姉妹のように過ごし、子どもながらに自然と社会性を身につけています。いろいろな体験や活動を元に、お互いを認めながら、のびのびと過ごしています。

園庭の花壇やプランターで、土作りから始め、季節ごとに旬の花や野菜を植え育てて、収穫まで体験します。そして、収穫したものがおいしい給食に大変身。「自然」を満喫し、元気の素となる「食」体験も目白押しです。

隣に「児童発達支援わかば園」「西紫原福祉館」があり、地域の方々との交流も盛んです。地域の方から、お茶会(茶道)や生け花、土づくりを教えていただいたり、焼き芋大会やもちつきなどの伝承活動を一緒に行うなど、地域ぐるみの子育て応援です。

新着情報

園長 園長

園長からひとこと

長かった暑い季節を乗り越えた子ども達は、心も体もたくましく成長して、保育園は益々活気に満ち溢れています。

10月は、ペットボトルでかいわれ大根を栽培しました。玄関に並べて、みんなで成長の様子を見守ろう!と思っていましたが…あっという間に芽が出て、信じられない速さで成長をしてしまいました。ゆっくり、じっくり観察することはできませんでしたが、最後は親子で収穫することができ、喜ぶ子供たちの声や親子の会話が聞こえ、とても微笑ましい光景でした。

ワクワク楽しい!おもしろい!いろいろな体験が子ども達の更なる意欲へと繋がって欲しいと思っています。

12月は、子ども達にとって職員にとっても一大イベントとなる生活発表会が待っています。それぞれのクラスで興味を持っているもの、やってみたいと思っているものを、子ども達の声に耳を傾けながら一緒に取り組み、形にしていきたいと思います。

保育士保育士

職員からひとこと

4月に転勤をして、3歳児11名のお友だちと毎日楽しく過ごしています。運動会が終わり、ちょっぴり成長した子ども達。着替えが一人で出来るようになったり苦手な物を少しずつ食べることができるようになったりして、「じぶんでできたよ」と、伝えてくる姿が増えてきました。

最近は、転がしドッチボールや、忍者になりきって、忍者ごっこに夢中です。生活発表会に向けての取り組みも始まり、毎日にぎやかです。

「たのしいね」「おもしろいね」と言う子ども達の気持ちや笑顔、ちょっぴり泣いたり怒ったりする姿は私にとって宝物。子ども達の笑顔や大好きをこれからもたくさん作っていきたいと思います。

ページのトップへ戻る

目次