西紫原保育園

〒890-0082 鹿児島県鹿児島市紫原四丁目37-2
099-257-1084
保育園イメージ

本文

保育園の特色

「家庭的な雰囲気の中で、いろいろな体験・活動が盛りだくさん!」

家庭的な雰囲気の中で、みんな兄弟・姉妹のように過ごし、子どもながらに自然と社会性を身につけています。いろいろな体験や活動を元に、お互いを認めながら、のびのびと過ごしています。

園庭の花壇やプランターで、土作りから始め、季節ごとに旬の花や野菜を植え育てて、収穫まで体験します。そして、収穫したものがおいしい給食に大変身。「自然」を満喫し、元気の素となる「食」体験も目白押しです。

隣に「児童発達支援わかば園」「西紫原福祉館」があり、地域の方々との交流も盛んです。地域の方から、お茶会(茶道)や生け花、土づくりを教えていただいたり、焼き芋大会やもちつきなどの伝承活動を一緒に行うなど、地域ぐるみの子育て応援です。

新着情報

園長 園長

園長からひとこと

長かった暑い季節を乗り越えた子ども達は、心も体もたくましく成長して、保育園は益々活気に満ち溢れています。

10月は、ペットボトルでかいわれ大根を栽培しました。今年も成長を見守る余裕はなく、信じられない速さで成長ををしましたが、自分達で育てたかいわれ大根を収穫する子ども達の表情はとてもイキイキと輝いていました。園庭にもブロッコリー・はくさい・レタス・小松菜などの冬野菜を植え、日々の生長と収穫の時期を皆で楽しみに待っています。野菜の栽培を通して、食への関心がどんどん高まってくれればと願っています。

12月には、子ども達にとっての一大イベント「生活発表会」があります。「やってみよう!」の意欲を大事にしながら、それぞれの年齢に合わせた表現・音あそびなど、積極的に取り組んでいきたいと思います。更なる成長を見せてくれる子ども達の姿を楽しみに応援していきたいと思います。

保育士栄養士兼調理員

職員からひとこと

朝晩が涼しくなり、いよいよ秋らしい季節になってきました。「食欲の秋」というように、子ども達の食欲もだんだんと旺盛になり、元気に遊んだり様々な活動に意欲的に取り組んだりする姿が見られます。

先日は、近隣の畑や園庭の花壇で、お芋掘りの体験をしました。子ども達は自分が育てたさつま芋を嬉しそうに掘り当てていました。今月は、さつま芋を使ってスイートポテトの食育クッキングを計画しています。これからも、食育を通して、食べることの楽しさや食への知識を育んでいきたいと思います。

ページのトップへ戻る

目次