清水保育園

〒892-0802 鹿児島県鹿児島市清水町6-27
099-247-8963
保育園イメージ

本文

保育園の特色

鹿児島の城下町と言われる上町地域に位置する本園は、近くに多賀山公園、南洲墓地、石橋公園と、歴史にゆかりのある史跡や文化に恵まれた環境にあります。

清らかに流れる水の恵み稲荷川を囲むように存在する静かな街並みには旧家が並び、いつも優しく声をかけてくださる地域の方とのあいさつや語らいがあります。

民生委員の方々との交流から、世代間交流や地域の子育て家庭との触れ合いも充実しています。


「子どもは人の中で育ち合う」

心豊かな人とのふれあいにより、子ども達の心に愛されている喜びや人を信じる気持ちが芽生えます。

子どもの「今」に向き合い、その想いを大切に受け止め日々過ごしていきたいと思います。

新着情報

園長

園長からひとこと

北風小僧の寒太郎が冬を連れてきてくれました。澄んだ空気を身体いっぱいに感じながら、清水っ子はマラソンサッカーおにごっことかけまわり、ホッカホカピンク色ほっぺのかわいい笑顔で遊んでいます。

先日、清水中学校のお兄さん・お姉さんが遊びに来てくださいました。それぞれの課題をもった体験学習で、日常、あまり幼児と触れ合う機会がないという生徒さんも子ども達の笑顔や温もりに触れ、感情を100%表現するありのままの子ども達の中にあっという間に溶け込み、各クラスから大きな笑い声が響いていました。

泣いたり笑ったり、怒ったり悔しがったり、けんかしたり、感情をめいっぱい出して遊ぶ保育園時代に人間形成の基礎が培われます。大好きな家族に「ありのままのわたし」を認められ大好きでいてもらえることが、子ども自身の「じぶんがすき」に繋がっていきます。どんなに思っていても子どもには伝わりにくいもの。「生まれてきてくれてありがとう!だいすきだよ~(*^_^*)」何度も抱きしめていっぱいいっぱい満たしてあげましょう。その気持ちが伝わって大人も子どもも幸せいっぱいです。共に笑顔で春をお迎えしましょうね。

保育士

職員からひとこと

今、5歳児のクラス担任をしています。運動会や生活発表会を経験した子ども達は、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに立派な姿を見てもらい、たくさん褒められ愛情をもらうことで、とても自信がついて大きく成長しています。大きな行事では、楽器を演奏したりや歌を歌ったり、お遊戯の振り付けをしたりなど、覚えることがたくさんあります。その行事に向けて、子ども達の意欲や練習に取り組む集中力をいかにして引き出せるのかが大切なところだと思います。子ども達の心を動かせることができるような保育をしていきたいと思います。

また、子ども達の運動能力向上や体を動かすことが楽しいと思えるよう、サッカーやマラソン、縄跳び、跳び箱、鉄棒などを積極的に保育に取り入れ丁寧に教えていきたいと思います。これから寒くなる時期ではありますが、外で体をたくさん動かして楽しんでいきたいと思います。

ページのトップへ戻る

目次