清水保育園

〒892-0802 鹿児島県鹿児島市清水町6-27
099-247-8963
保育園イメージ

本文

保育園の特色

鹿児島の城下町と言われる上町地域に位置する本園は、近くに多賀山公園、南洲墓地、石橋公園と、歴史にゆかりのある史跡や文化に恵まれた環境にあります。

清らかに流れる水の恵み稲荷川を囲むように存在する静かな街並みには旧家が並び、いつも優しく声をかけてくださる地域の方とのあいさつや語らいがあります。

民生委員の方々との交流から、世代間交流や地域の子育て家庭との触れ合いも充実しています。


「子どもは人の中で育ち合う」

心豊かな人とのふれあいにより、子ども達の心に愛されている喜びや人を信じる気持ちが芽生えます。

子どもの「今」に向き合い、その想いを大切に受け止め日々過ごしていきたいと思います。

新着情報

園長

園長からひとこと

日中は、まだ暑さも残っていますが朝晩は急に肌寒くなり、気温の差に体も悲鳴をあげてしまいそうですね。日没の時間も早まり18時には辺りも暗くなっていますのでお迎えの際は十分気を付けてくださいね。そんな夕方のある日・・・「先生、一緒に帰ろう」と声をかけられ園庭に出ると、「見て!」と指さす先に目を向けるとお月様がきれいに浮かび、その子は一生懸命に空に向かって手を伸ばしていました。その可愛らしい姿に感動!子ども達は、いつも大人が考え付かないようなことばと姿を見せてくれます。素直な心でものを見て、感じているのだと思います。子ども達の感性を一緒に感じ大事に保育していきたいなと改めて感じました。そして、運動会を経験し、心も体もたくましくなった子ども達。1.2歳児は歩いたり、走ったりすることが上手になってきました。これから少しずつ距離がのびていくかもしれませんね。お兄ちゃん・お姉ちゃんたちは「みんなと一緒で楽しいな!よしっ!力を合わせて頑張ろう!僕にまかせて!」そんな気持ちも育ってきています。‛体で感じ・心で感じ・清水保育園 ワンチーム!でがんばるぞ エイエイオー!‛

保育士

職員からひとこと

柔らかな秋の日差しが降り注ぎ、少しづつ季節の変化を感じられるようになってきました。私は現在、1、2歳児の担任をしています。新人保育士として半年が過ぎましたが、「せんせい、おはよう!」と駆け寄ってくる子どもたちに日々元気をもらっています。先日、クラスで粘土遊びをしました。初めて粘土に触れる子どもたちもいて、ぎゅーっと握って形の変化をみんなで楽しみました。びよーんと伸ばしたり、小さくちぎってみたりと手のひら全部を使っていろいろな形に変身させる子どもたち。「みてみて!ヘビ!」「くるまになったよ!」とできたものを笑顔で見せてくれました。遊びの中でたくさんの経験をし、子どもたちの「やってみたい」という気持ちを大切にしながら毎日楽しく過ごしていきたいと思います。

ページのトップへ戻る

目次